「梅毒」患者...福島県で感染87人に 新たに郡山、いわきで確認

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県は14日、新たに男性2人の梅毒患者を確認したと発表した。今年の梅毒患者は87人(男性66人、女性21人)となった。

 県によると、5~11日の間に郡山市で50代の男性1人、いわき市で40代の男性1人の感染を確認した。厚生労働省は検査を通じた早期発見やコンドームによる予防を呼び掛けている。

 「RSウイルス」29人増

 県の感染症週報(5~11日)によると、50の小児科定点医療機関から報告されたRSウイルス感染症の患者は85人で前週から29人増加した。