なりすまし100万円被害 いわき70代女性、自宅に来た男にカード

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき市の70代女性が郵便局やいわき南署、全国銀行協会の職員を名乗る男から100万円をだまし取られたことが15日、同署への取材で分かった。同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、女性方に14日午前10時ごろ、「旦那さんの郵便局の口座に岐阜からお金が振り込まれている」などと電話があった。

 同日午後2時ごろ、自宅を訪ねてきた全国銀行協会の職員を名乗る男にキャッシュカード1枚を手渡し、暗証番号を教えたという。

 女性は15日、不審に思い同署に相談。口座を確認したところ、14、15の両日で計100万円が引き落とされていたことが判明した。