福島県の冬タイヤ装着率25% ネクスコ東日本、11月12日調査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東日本高速道路(ネクスコ東日本)東北支社は15日、冬用タイヤ装着状況の今季2回目の調査結果を発表した。

 福島県の装着率は前回調査比12ポイント増の25%だった。

 調査は12日に実施。調査地点別の装着率は、東北道の福島飯坂インターチェンジ(IC)で31%、郡山ICで29%、磐越道の会津若松ICで27%、常磐道のいわき中央ICで15%だった。