冬支度...「雪吊り」 会津若松、国名勝・御薬園

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
本格的な冬を前に御薬園で始まった雪吊り作業=15日午前、会津若松市

 冬の訪れを前に、会津若松市の国指定名勝・会津松平氏庭園「御薬園」で15日、庭木の枝が雪の重みで折れるのを防ぐ「雪吊(つ)り」の作業が始まった。

 御薬園やシルバー人材センターの職員らが作業し、ゴヨウマツ、キャラボク、ハイビャクシンなどの庭木を雪吊りした。

 樹木の中心に支柱となる細木を立て、上から1本当たり40本から50本ほどの縄を枝に結び、バランスを整えながら放射状に吊り上げた。今後も作業は続き、庭木33本を雪の重みから守るほか、ツツジなどの雪囲いも行う。