福島県選抜が優勝、全国へ 東北・北海道高校新人かるた

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
優勝に喜ぶ本県選抜のメンバー

 第25回東北・北海道高校小倉百人一首かるた新人大会は17日、郡山市の安積黎明高で開幕した。初日は団体戦が行われ、安積黎明、会津学鳳の両校の生徒でつくる本県選抜チームが2年ぶり3度目の優勝を果たし、全国大会出場を決めた。全国大会となる第14回全国高校生かるたグランプリは来年3月、同市で開かれる。

 東北6県と北海道から8チームが出場。リーグ戦と順位決定戦で優勝を争った。本県選抜主将の安積黎明2年は「すごくうれしい。チームで力を合わせて頑張れた結果」と喜びを語った。

 最終日の18日は個人戦が行われる。