料理愛好家・平野レミさん福島牛絶賛「肉柔らかくておいしい」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
県産品の魅力をアピールする(左から)大橋会長、平野さん、畠副知事=東京・イオンスタイル板橋

 東京都内のイオンとイオンスタイル計10店舗で18日までの4日間、本県が誇るおいしいものをそろえた販促フェア「ふくしまプライド。―まるごと福島県in東京」が開かれている。

 今年で3回目。県オリジナル品種「天のつぶ」の新米や福島牛、日本酒、リンゴ、柿、「常磐もの」で知られる本県沖の水産物など自慢の逸品が店内に所狭しと並び、首都圏の消費者への売り込みを強めている。

 畠利行副知事と大橋信夫JA福島五連会長は17日、板橋区のイオンスタイル板橋でトップセールスを繰り広げ、料理愛好家の平野レミさんらと一緒に県産品の多彩な魅力を発信した。

 平野さんは福島牛について「福島のおいしい水と空気、生産者の心という三拍子がそろっている。肉が柔らかくておいしい」と質の高さを絶賛し、豪快な手つきで「福島牛の温しゃぶ和だしあえ」を調理した。