シーズン中の安全願う 北塩原・猫魔スキー場、開場安全祈願祭

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
玉串をささげる森本総支配人

 北塩原村の猫魔スキー場の開場安全祈願祭は16日、同スキー場で行われ、関係者が豊かな雪とシーズン中の安全を願った。

 森本剛星野リゾート磐梯総支配人や小椋敏一村長らが玉串をささげた。森本総支配人は「全国に雪が少ない年は、雪が豊富な猫魔の潜在能力が生きる」などとあいさつした。

 今季、星野リゾートの猫魔スキー場とアルツ磐梯は「初心者から上級者まで上達できるパーク」を掲げる。

 猫魔はオープン予定の12月1日からオープニングパークを造成、アルツ磐梯には1月中旬から四つのテーマ別パークを設置する。3月には猫魔に「モンスターパーク」が登場。上級者向けに最大18メートル級のキッカー(人工のジャンプ台)なども用意する予定。

 問い合わせは26日以降に、同スキー場(電話0241・32・3001)へ。