美味しくな~れ『黄金色のカーテン』 県北特産のあんぽ柿生産

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
干し場にずらりとつるされるあんぽ柿=伊達市梁川町

 県北の特産品あんぽ柿の生産が本格化している。伊達市梁川町五十沢の農業生産法人「種まきうさぎ」では、柿の皮をむいたり、実をつるす作業が行われ、干し場に黄金色のカーテンが広がっている。

 同社によると、今年の柿は豊作で、実が大きいという。社長の岡崎万紀さん(52)は「今年のあんぽ柿は甘みも例年以上。たくさん食べてもらいたい」と話す。生産作業は12月上旬ごろまで行われる。