変幻自在!小峰城跡の石垣ライトアップ 白河に幻想的空間出現

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
さまざまな色の光で幻想的に照らされた小峰城跡の石垣と三重櫓

 震災からの修復が進む国指定史跡・小峰城跡の石垣のライトアップが25日まで、白河市の現地で行われ、市民らが幻想的な空間を楽しんでいる。

 県のコミュニティー助成事業の補助を受け、白河市が初めて企画。赤、青、緑をはじめ、多彩な色を映し出すパナソニック社製のLEDカラー投光器12台が設置された。同社担当者によると、さまざまな色を作り出せるよう設計されているという。石垣に映し出された光は、ゆっくりと変化しながら石垣を照らし、白河の夜に彩りを加えている。

 ライトアップの時間は午後6時~同9時。