日本一遅いがキャッチフレーズ 白河・天狗山で23日山開き

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
白河消防署表郷分署近くに設置された山開きのPR看板

 「日本一遅い山開き」をキャッチフレーズにした白河市の天狗山の山開きが23日に行われるのを前に、山開きのPR看板が18日、同市の国道289号沿いの白河消防署表郷分署近くにお目見えした。

 イベントを主催する同市のおもてごう里山クラブが看板を準備した。穂積隆一会長らが「天狗山登山」の大きな文字が記された縦3メートル、横1メートルの看板を設置した。

 山開きは23日午前9時から。集合場所はすぱーく表郷で、午前7時30分から受け付け開始。参加費は1人500円(未就学児無料)。参加者にはオリジナルクリアファイルを進呈し豚汁を振る舞う。地元産品が当たる抽選会もある。問い合わせは同クラブへ。