昭和のボンネットバス、奥会津を走る 只見線列車と並走も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
只見線の列車と並行して走るボンネットバス

 三島町の国道252号で17日、昭和の雰囲気が魅力のボンネットバスが運行された。只見線の列車と並んで走る機会もあり、観光客の注目を集めた。

 奥会津観光が企画した観光ツアーの一環。ボンネットバスはフロント部分にエンジンがあるのが特徴で、今回のバスは1969(昭和44)年製。会津若松市のタクシー会社が所有するバスを、奥会津観光が借り受けた。

 ツアー客は会津若松駅からバスに乗車し、柳津、三島両町の観光名所を巡ったほか、只見線にも乗車し、奥会津の魅力を満喫した。