傷害容疑で男子中学生を逮捕 郡山、講師2人にけがさせる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県郡山市の中学校で職員に暴行しけがをさせたとして、郡山署は19日午前8時55分ごろ、傷害の疑いで同市の中学校の男子生徒(14)を逮捕した。

 逮捕容疑は15日午後、同市の中学校敷地内で20代の男性常勤講師2人に暴行し、けがをさせた疑い。1人は左あばら骨を負傷、もう1人は尻と右脚を打撲した。いずれも軽傷という。

 同署によると、男子中学生は「頭にきたからやった」と供述し、容疑を認めているという。