尾木ママの子育て...『怒る』は親の自己満足!『叱る』は教育!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
講演する尾木直樹さん=福島市

 「尾木ママ」の愛称で知られる教育評論家・法政大特任教授の尾木直樹さんの講演会が20日、福島市で開かれた。尾木さんは「人を育てる―福島で生きる子どもたちへのメッセージ」と題し、大きく変化する教育環境や、その環境下で必要になる力について解説した。

 尾木さんは「AI(人工知能)の発達で2030年に現在ある職種の半分、51年には全てをAIが担う時代になる。人間がAIにかなわないIQを測る試験はもう意味がない」と指摘。そんな時代には「生き延びる力」が必要だとした。

 また、子育てのアドバイスとして「『怒る』は感情を爆発させたい親の自己満足で、『叱る』は教育。ただ、頭ごなしに叱るのではなく、子どもに弁解させて共感することで子どもの心が元気になり、成長の原動力になる」と語った。

 講演会は県社会保険労務士会の社会保険労務士制度創設50周年事業の一環で開かれた。