後部座席の高1女子生徒死亡 祖母運転の軽自動車が電柱に衝突

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 22日午後4時ごろ、二本松市の県道で同市、女性(68)の軽自動車が道路脇の電柱に衝突した。孫で同乗していた県立高校1年の女子生徒(16)が頭を打ち死亡、68歳女性は胸を打つけがをした。

 二本松署によると、現場は片側1車線の右カーブ。同署は、68歳女性の車が道路左側の電柱にぶつかり横転したとみて調べている。孫は後部座席に乗っていたという。