次世代の自動車や移動支援ロボ いわきで25日までフェスタ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
協力と成功を確認した(左から)猪狩社長、庄司代表理事、台理事長

 蓄電池産業の集積と人材育成を目的にした「いわきバッテリーバレーフェスタ2018」は24日、いわき市のアクアマリンパークなどで開幕。25日までで、移動水素ステーションの展示やものづくり体験などが行われる。

 トヨタ自動車の協力で燃料電池とリチウムイオン電池を使ってエネルギー利用について学ぶ体験講座や、次世代自動車の展示、搭乗型移動支援ロボットの試乗なども行われる。時間は両日とも午前10時~午後4時。

 また24日はあんこう鍋が振る舞われる。25日には午後1時30分から、同パーク近くのポレポレシネマズいわき小名浜で「福島イノベーション・コースト構想見える化セミナー」も開催。

 問い合わせは実行委事務局(電話0246・28・8400)へ。

◆2社が協力金贈る

 ひまわり信用金庫と常磐共同ガスは22日、いわきバッテリーバレーフェスタの運営協力金をいわきバッテリーバレー推進機構に贈った。

 台正昭理事長と猪狩謙二社長がいわき市の東洋システムを訪ね、庄司秀樹代表理事に目録を手渡した。