福島高など最優秀 県高校生徒理科研究発表会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
生徒が成果を紹介した発表会

 第37回県高校総合文化祭自然科学部門・第31回県高校生徒理科研究発表会は17、18の両日、橘高で開かれ、「プラズマによる流体制御の研究」について発表した福島高のグループなどが最優秀に選ばれた。

 100件の発表があった。各分野の最優秀校は、来年8月に佐賀県で開かれる全国高校総合文化祭に出場する。

 葵高の科学部水質班は、ウシオ電機からハンディーサイズの吸光度計「ピコスコープ」の貸与を受け、「ピコスコープを使用した水質測定法の開発」と題して発表した。