日本と英国の関係深める ビジットジャパン大使、本宮を訪問

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
昨年完成した英国庭園を視察するバロウさん(右から2人目)

 観光庁のビジットジャパン大使に任命されている英ロンドン在住のマーティン・バロウさん(74)は24日、福島県本宮市の英国庭園を訪れ「英国と日本の関係を深めるための素晴らしい場所」と話した。

 バロウさんは、本県などの復興状況を視察するため来県。2020年東京五輪・パラリンピックで同市が英国を対象に復興ホストタウンに登録されていることから、同市を訪れた。

 バロウさんは、高松義行市長から説明を受けながら英国庭園を視察。隣接する屋内、屋外遊び場も訪れ、子どもたちと交流を深めた。