会津産品の魅力伝える 香港で室井市長トップセールス

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
セレモニーに参加した(右から)橋本氏、室井市長、生田副社長、佐々木氏

 会津の地場産品や観光をPRするため、香港でトップセールスを行っている会津若松市の室井照平市長は24日、開催中の「会津フェスタ」の会場を訪れ、会津産品の安全性や食の魅力を伝えた。

 同フェスタは、会津17市町村などでつくる「桜咲く会津プロジェクト実行委員会」が、イオンスタイル・コーンヒル店で23~27日の5日間開いている。

 会場では、参加した会津地域の企業6社が日本酒、みそ、コメ、喜多方ラーメン、蜂蜜などを販売。購入者を対象にした起き上がり小法師(こぼし)の絵付け体験も行われている。

 会場で行われたセレモニーには室井市長のほか、イオンストアーズ香港の生田政光副社長、榮川酒造の橋本修、会津天宝醸造の佐々木崇敏の両氏らが参加した。