あさか開成が最優秀賞 県高校演劇コンクール

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
初の最優秀賞受賞を喜ぶあさか開成の生徒ら

 第37回県高校総合文化祭演劇部門・第72回県高校演劇コンクールは25日、福島市のとうほう・みんなの文化センターで最終日の演技と閉会式が行われ、「SHIROCK」を演じたあさか開成が初の最優秀賞に輝き、ふたば未来学園が優秀賞第1席に選ばれた。

 両校は12月21~23日に秋田市で開催される東北大会に出場する。

 県教委、県高校文化連盟、県高校演劇連盟の主催。閉会式では、丹野純一県高校演劇連盟会長らがあいさつし、各賞の表彰状やトロフィーを贈呈した。審査員の阿部順さんが総評した。

 あさか開成の柳田莉奈部長(2年)は「(最優秀賞に)選ばれた時は言葉が出なかった。このメンバーで東北大会に出られるのがうれしい」と初の最優秀賞受賞を仲間と共に喜んだ。