人気スマホゲームで「不正アクセス」 乗っ取りの疑いで男逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
容疑者から押収したパソコン=27日、いわき中央署

 人気スマートフォン向けゲーム「モンスターストライク」で他人のアカウントに不正アクセスしたとしていわき中央署は27日午前8時30分ごろ、不正アクセス禁止法違反の疑いで千葉県鎌ケ谷市、自称ゲーム代行業、容疑者男(39)を逮捕した。同署によると、同ゲームの不正アクセスによる逮捕は全国で初めて。

 逮捕容疑は、5月24、25の両日、いわき市に住む40代の会社員男性になりすまし、男性のアカウントに不正にアクセスし、ゲームデータを乗っ取った疑い。

 同署によると、容疑者は依頼を受け他人のゲームキャラクターなどを育成して報酬を受け取っており、2015(平成27)年ごろから約2万件を代行していた。この男性から依頼を受けた際に知ったパスワードなどを悪用して不正にアクセス。パスワードなどを変え、男性が接続できない状態にしていた。

 インターネットの匿名利用を可能にする「仮想専用網(VPN)」を使い、発信元を分かりにくくしていた。容疑者は「金もうけに使うためだった」と容疑を認めており、同様の手口で約200個のアカウントを乗っ取ったと供述しているという。同署は容疑者のパソコンを押収、被害について調べている。