原材料に「天のつぶ」 内堀知事に限定スーパードライ発売報告

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
内堀知事(左)に天のつぶを使用したアサヒスーパードライの魅力を紹介する秋本本部長(中央)

 アサヒビールの秋本浩志執行役員東北統括本部長、白井源晃福島支社長は28日、県庁を訪れ、内堀雅雄知事に県オリジナル水稲品種「天のつぶ」を原材料に使った「アサヒスーパードライ 福島工場限定醸造」の発売を報告した。

 同社は12月4日から同ビールを本県限定、数量限定で販売する。「天のつぶ」を原材料に使用。缶には「ふくしまプライド。」の文字をあしらった。内堀知事が発売前のビールを試飲。「素晴らしいビールであることを県としてもPRしたい」と話した。