「梅毒」新たにいわきで20代女性1人 福島県の患者数91人に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県は28日、県感染症発生動向調査週報(19~25日)で、いわき市保健所管内で新たに20代女性1人の梅毒患者が確認されたと発表した。梅毒は全国的な流行にあり、県内の今年の梅毒患者は91人(男性69人、女性22人)となった。厚生労働省は、検査を通じた早期発見やコンドームによる予防を呼び掛けている。