海辺照らす浦ほたる 相馬・笠岩公園で12月2日から開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「ペットボタル」を設置する土屋会長(右)ら

 相馬市青年団体連絡会は12月2日から、相馬市原釜字大津の笠岩公園周辺で「浦ほたる」イルミネーションを開始する。点灯は日没から約4時間で、期間は来年1月末まで。ペットボトルの中に発光ダイオード(LED)を入れた「ペットボタル」約2000個を原釜尾浜海水浴場周辺に飾り、海辺を淡い光で照らす。

 沿岸部を盛り上げようと昨年度に続き実施する。前回は市内尾浜の海沿いで行ったが、今年は8年ぶりに原釜尾浜海水浴場が再開したことを記念して場所を移した。

 2日は午後3時からオープニングイベントを開催する。子どもたちと共に光のオブジェを制作するほか、午後4時30分から式典を行う。シンガー・ソングライターのLOVEさんによるミニライブが行われ、海鮮汁が無料で振る舞われる。

 開始を前に27日、同連絡会の土屋大典会長らメンバーが飾り付けを行った。問い合わせは市企画政策課(電話0244・37・2132)へ。