伊達と相馬にバス停 高速バス、若松・福島―仙台空港線

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 会津乗合自動車(会津バス、会津若松市)は12月1日、会津若松、福島両市と仙台空港を結ぶ高速バスの運行ルートを変更する。

 これに伴い、東北中央道霊山インターチェンジ(IC)近くの道の駅伊達の郷りょうぜん(伊達市)と常磐道相馬ICに近い相馬市バスターミナルに新たなバス停を設置する。

 従来は福島市の福島競馬場前から東北道経由で仙台空港に向かっていたが、新ルートでは伊達市を経由し、相馬福島道路(東北中央道)と常磐道を使って仙台空港に向かう。

 運行は1日3往復で、片道運賃は会津若松―仙台空港が大人3200円、霊山―仙台空港が大人1300円、相馬―仙台空港は大人700円。福島―相馬間用の回数券も新たに設定する。

 問い合わせは会津バス(電話0242・22・5560)へ。