福島県産の新米やリンゴPR 知事トップセールス、ベニマル福島西店

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来店客に県産米をPRする(右から)小湊さん、内堀知事、真船社長

 内堀雅雄知事は29日、福島市のヨークベニマル福島西店で同社の真船幸夫社長と共にトップセールスを展開し、法被姿で福島県産の新米や旬を迎えたリンゴなどの食材を売り込んだ。

 内堀知事が「生産者が愛情を込めて作ったものばかり。ぜひ食べて笑顔になってほしい」と呼び掛け、真船社長は「地産地消で福島県のおいしい食材を守り抜きたい」と述べた。

 2人は県産米をPRする「うつくしまライシーホワイト」の小湊愛巳さんと共に2018年産から本格的にデビューした中山間地域向けの県オリジナル水稲品種「里山のつぶ」を来店客にプレゼントした。