五阿弥本社社長ら人材育成、経営のこつ解説 福島大・公開講座

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
意見を交わす(右から)五阿弥社長、金子社長、池本社長、奥本教授

 福島大は1日、福島市の同大で第12回特別公開講座(大同生命寄付講座)を開き、来場者が経営や人材育成の最先端に理解を深めた。

 「福島県における新時代経営と人財育成」をテーマに、福島民友新聞社の五阿弥宏安社長、福島日産自動車の金子與志人社長、ナプロアースの池本篤社長がそれぞれ人材育成や経営のこつなどについて基調講演した。

 このうち五阿弥社長は「人口減社会と働き方改革」と題して少子高齢化社会を乗り切る方策について語った。世界各国の合計特殊出生率や日本の世代別人口の推移などのデータを示し「日本社会は急激に進む少子高齢化と現役世代の減少に直面し、急速に人口構成が変化した。『1億総活躍社会』の実現のために、抜本的な改革が必要だ」と指摘。元気な高齢者や女性などが働きやすい職場環境づくりや、子育てへの社会的理解を広げる必要性を強調した。

 金子社長は「人材育成と採用から見る時代の変化」と題して効率的な働き方を推奨する自社の取り組みなどについて話し、池本社長は「福島県における新時代経営と人材育成」をテーマに自社の資格取得推奨の取り組みや社会貢献事業などを紹介した。その後、同大の奥本英樹経済経営学類教授を交えてパネル討論を行った。