国見に五輪・パラ応援団 町挙げて機運を盛り上げ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
五輪の機運醸成を誓った出席者

 国見町での2020年東京五輪・パラリンピックの機運醸成を目指す「国見町応援団」が11月30日、設立された。応援団は町のスポーツ、文化、行政などのあらゆる団体で構成。「オール国見」で大会の盛り上げを図り、町民のスポーツ参加や国際交流を推進する。

 設立式が同日、町観月台文化センターで行われ、太田久雄町長が大会期間中に町内でパブリックビューイングを実施するなどの構想を示し「子どもたちに五輪へのいい思いを持ってもらって、未来につなげたい」と述べた。