伊達市役所の東棟完成、市民サービス向上へ 19年1月4日開庁式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
完成した東棟。左奥が既存庁舎

 増築が進められていた伊達市役所本庁舎の東棟の工事が完成し11月30日、現地で引き渡し式が行われた。来年1月4日に開庁式が行われる。

 東棟は鉄筋コンクリート造りの4階建てで、延べ床面積約4900平方メートル。既存庁舎と連結している。

 市役所の機能は現在、本庁舎と梁川分庁舎に分かれていて、機能を本庁舎に集約することで住民サービスと業務効率を図るため東棟が増築された。機能移転後の梁川分庁舎の活用法は検討中。

部署の移転作業は14日~来年1月4日の間、3回に分けて行われる。東棟での業務は第1回の移転が完了する17日に一部の部署で始まる。

 引き渡し式では須田博行市長が「市民サービスの向上につなげる」とあいさつした。