遠藤さんが健闘3位、4位に菅野さん 日本ボッチャ選手権大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
3位決定戦を戦う遠藤さん(左)と菅野さん=2日、福島市国体記念体育館

 日本ボッチャ選手権大会は2日、福島市国体記念体育館で決勝トーナメントが行われ、県勢はBC1クラス(脳原性疾患、アシスタント可)で遠藤裕美さん(32)=福島市、ウルトラボチャマンズ=が3位に輝いた。菅野真樹さん(22)=伊達市、福島ボッチャ愛好会=は同クラス4位だった。

 遠藤さんは準決勝で前回大会2位の中村拓海さんに、菅野さんはリオデジャネイロ・パラリンピック銀メダリストの藤井友里子さんにそれぞれ敗れた。遠藤さんは終盤に同点に追い付く粘りを見せたが、あと一歩届かなかった。3位決定戦で、遠藤さんが菅野さんに勝利した。優勝は藤井さん。

 遠藤さんは「日本選手権で初めてのメダルを地元で取ることができてうれしい。多くの人のサポートのおかげでここまで来ることができた」と笑顔。「2020年に向けてボッチャの知名度が上がり、満員の中でプレーできるようになったら最高です」とも話した。

 菅野さんは「決勝トーナメント進出という目標は達成できた。遠藤さんに負けたのは悔しく、もっとボールを遠くに飛ばせるようにしたい」と振り返った。

 大会は2日間行われ多くの観客が熱戦を見守った。日本ボッチャ協会強化指導部長の村上光輝さん(44)=福島市出身、白河市在住=は「ボッチャを知りたいという大勢の人が訪れ、観客の応援が選手の良いプレーにつながった」と、2年後の東京パラリンピックに向けた手応えを語った。