越冬するウミウ観察 いわき・照島、野鳥の会支部

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ウミウを観察する参加者たち

 日本野鳥の会いわき支部は2日、いわき市の照島周辺でウミウの観察会を開いた。参加者が越冬するウミウを見守った。

 毎年開催しており、今回は約30人が参加。小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブのコースから見える照島に飛来したウミウなどを、望遠鏡や双眼鏡をのぞきながら観察した。

 同支部によると今回、最多で42羽のウミウが観察された。餌を求めて飛び立っている個体が多いとみられ、戻ってくる個体数羽も確認できたという。