銀座のビルにずらり 県北特産「あんぽ柿」、おいしさPR

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ビル前の棚につるされた柿=東京・銀座

 東京・銀座で5日、県北地方特産の「あんぽ柿」をPRする活動が始まった。福島県伊達市梁川町で今秋収穫された約400個の柿がビルにずらりとつるされた。

 原発事故による生産休止を乗り越えたあんぽ柿のおいしさと安全性を発信しようと、市が市農林業振興公社、NPO法人銀座ミツバチプロジェクトと協力して企画し、今年で4年目。

 生産者を代表して棚に柿をつるした一條篤さん(70)は「風評払拭(ふっしょく)の一翼を担えれば」と意欲十分。産地復活への願いが詰まった柿は、イルミネーションにも負けない輝きを放ちそうだ。