「あま~い」「おいしい」 広野でミカン狩り、園児が歓声

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
たわわに実ったミカンの収穫を楽しむ園児たち=5日午前、広野町

 太平洋を望む福島県広野町の「みかんの丘」のミカンが収穫期を迎えた。地元の広野幼稚園児約60人が5日、ミカン狩りを楽しんだ。

 町は海沿いの温暖な気候を生かしたミカン栽培による地域振興に取り組み、約80アールの町有地に約190本の温州ミカンを育てている。丘に上った園児たちは、初めにミカンを試食。「あま~い」「おいしい」と歓声を上げていた。

 子どもたちのミカン狩りは冬の風物詩だったが、震災と原発事故の影響で一時中断し、2013(平成25)年に再開された。