いわきの地場産物活用、上位狙う 全国学校給食甲子園決勝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
勿来学校給食共同調理場が提供する献立

 福島県いわき市の勿来学校給食共同調理場の水口公美副主任栄養技師と稲村のり子調理員は8、9の両日、東京都で開かれる第13回全国学校給食甲子園決勝大会に、北海道・東北ブロック代表として出場する。2人は同市勿来地区の児童、生徒にも好評だったシマガツオのから揚げなどの献立で上位を狙う。

 大会で提供する献立は、「県産シマガツオのから揚げ―ネギぴょんソースがけ」「ひじきとエリンギのえごまマヨネーズあえ」「流鏑馬(やぶさめ)汁」など。「県産シマガツオのから揚げ」のシマガツオは、いわき海星高生が漁獲した物を使い、同市産の長ネギなどをソースに、昔からの食材を現代風にした。ほかにも同市の地場産物を活用している。

 清水敏男市長に出場を報告し、水口さんは「大会で力を発揮し、市民の皆さんにも給食に関心を持ってもらいたい」、稲村さんは「時間内に作り終えるようにしたい」とそれぞれ抱負を語った。清水市長は提供される献立を実際に試食し、その味を実感しながら「いわき市の給食が注目される。頑張ってほしい」と激励した。

 大会はNPO法人21世紀構想研究会の主催。全国の学校給食施設1701施設から応募があり、これまで4回の書類選考が行われた。決勝には全国6ブロックから12組が出場。審査員が調理過程や食味審査によって賞を決める。