ベトナム国籍男ら窃盗疑いで逮捕 東北、関東で数十件に関与か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき中央署は5日までに、盗みと入管難民法違反の疑いで、いわき市や水戸市のディスカウントストアで化粧品などを万引したとして、いずれもベトナム国籍、群馬県太田市、無職の男(35)、男(29)両容疑者を逮捕した。

 逮捕容疑は、9月7日、水戸市やいわき市のディスカウントストアで化粧品や衣類などの商品(計60万5787円)を盗むなどした。

 地検いわき支部は5日までに、35歳容疑者を窃盗と入管難民法違反の罪(不法残留)、29歳容疑者を窃盗の罪でそれぞれ起訴した。被告らは「東北、関東両地方で数十件万引をした」と供述しているという。

 35歳被告は日系企業の研修生、29歳被告は語学留学生として来日し、群馬県内で知り合ったとみられる。