タンパク質の量、簡単測定 福島大・平准教授ら研究グループ開発

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
平准教授(手前)とPy―Tagを開発した大陽日酸の社員ら(後列)

 福島大は5日、同大農学系教育研究組織設置準備室の平修准教授(43)らの研究グループが、タンパク質の量の違いを簡単に測定する手法を開発したと発表した。がんやアレルギーなど、病気が進むことで体内のタンパク質量が変化する病気の進行度の測定などへの活用が期待されている。研究成果をまとめた論文をオランダの学術誌に発表した。

 研究では、大陽日酸(東京都)などが開発した試薬「Py―Tag(ピーワイ・タグ)」を使用。同試薬を使うことで、同じタンパク質でも健康、未病、病気など状態の違いによって質量に差をつけて各状態の量を比較できるという。これにより状態の異なるタンパク質の量の差を1度で正確に測定できるようになった。

 今回開発した方法は、従来の血液検査よりも簡単で時間も短縮できる。また、従来の試薬よりも精密に量の差を測定できるようになった。

 同大が5日開いた定例記者会見で平准教授が発表した。平准教授は「病気に対するタンパク質測定のほか、病気に関する新たなタンパク質の発見、食事の健康効果などの研究にも役立てていきたい」と期待を込めた。