伝統の味!カレー焼きそば提供 会津若松・「寿楽」移転オープン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「長く店に立ちたい」と話す氏家さん

 「一日でも長く店に立ちたい」。ご当地グルメの会津カレー焼きそばを提供する会津若松市の「ラーメン居酒屋 寿楽」が7日、同市馬場町2の45に移転オープンした。店主の氏家義光さん(73)は真新しいカウンターで常連客との会話に花を咲かせる。

 氏家さんは中学校を卒業後に上京し、料理の世界に入った。下積みを経て約50年前に、同市日新町に飲食店を開店。場所を変えながら営業を続けてきた。場所は変わっても、温かな雰囲気と伝統の味は変わらない。店の壁には著名人のサインが並び、氏家さんもいつもの笑顔で客を迎える。

 会津カレー焼きそばを全国区にしようと、有志で設立した「会津カレー焼きそばの会」の会長を務める氏家さん。会長として全国の焼きそばが集うグルメイベントの開催など新たな展開への青写真も描く。

 店で提供するカレー焼きそばは香辛料の多さが特徴だ。「カレーは二日酔い防止に良いから、締めにピッタリ。香辛料の種類や量は秘密です」と笑う。「客層に合わせて料理を作り続けてきた」と寿楽の味が愛される理由を語った。

 開店から時間がたつにつれ一人また一人と客が訪れ、店内は活気にあふれた。「客は財産だね」。氏家さんはカレー焼きそばを頬張る客に目をやった。

 営業時間は午後6時~午前1時(ラストオーダーは午前0時30分)。日曜日が定休となる。