最高級ブランド米、郡山で試験販売 「アサカマイ887」、期間限定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
3合升に入れられたアサカマイ887を買い求める市民

 郡山市産米「あさか舞」の食味などを高めた最高級ブランド米「ASAKAMAI887(アサカマイ・ハチハチナナ)」の試験販売が7日、JR郡山駅西口駅前広場で始まった。

 450グラム(3合)を地元産杉材を使った升に入れて1500円(税込み)で売り、初日は予定の100個を売り切り、上々の滑り出しとなった。16日までの期間限定で400~500個の販売を見込んでいる。

 同市とJA福島さくら、コメ販売店などでつくる、こおりやま食のブランド推進協議会がトレーラー2台を利用して期間限定ストアをオープンした。試食コーナーも設け、アンケートの回答者を対象にワンスプーンのご飯とだしスープ入りご飯を振る舞った。

 試食した来場者(72)は「粘りがあり、おいしかった。毎日、食べるのには(価格が)高いが、贈り物にするにはいい」と話した。

 升入り2千個は同ストアの店頭販売のほか、JA福島さくらで注文販売する。アサカマイ887の基準を満たしたコメは約14トンで、同JAは、このほか小売店や旅館、ホテルでの贈答用、土産用などとしての販売を検討している。

 注文販売の申し込み、問い合わせは同JA(電話024・921・0527、平日受け付け)へ。