県都包む優しい光 福島で「光のしずくイルミネーション」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
中心市街地を彩るイルミネーション=7日午後、福島市

 県都・福島市の冬を彩る風物詩「2018光のしずくイルミネーション」が7日、同市のパセオ通り周辺で始まり、街路樹などに飾り付けられた電球約20万個のきらめく光が師走の夜を優しく包んでいる。来年1月31日まで。

 企業や市民などの協力で2007(平成19)年から始め、今年で12回目。イルミネーションに加え、ハートのオブジェなどが設置され、より効果的に輝きを演出している。点灯時間は午後5~11時。光のしずく事業実行委員会の主催。

 街なか広場で点灯式が行われ、竹原ピストルさんらのライブがイルミネーションに花を添えた。