福島ユナイテッド・田坂監督が退任 「成長できた貴重な時間」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 サッカーJ3の福島ユナイテッドFCを運営するAC福島ユナイテッドは8日、田坂和昭監督(47)との契約満了に伴い来季の契約を更新しないと発表した。関係者によると田坂氏はJ2栃木SCの監督に就任する見通し。

 田坂氏は広島市出身。2017(平成29)年にJ2松本山雅FCのコーチから福島の監督に就任。2シーズン指揮を執り、昨季は10位、今季12位だった。

 田坂氏は「福島での2年間はいろんな意味で成長できた貴重な時間でした。道半ばでチームを離れるのはさびしいですが、福島での経験をいかしこれから私自身も成長し、チャレンジしていきたいと思います」とコメントを発表した。

 田坂氏は選手として東海大から1994年にJ1平塚(現湘南)に入団しMF中田英寿らとともに活躍。清水エスパルスやセレッソ大阪でもプレーした。元日本代表MFで、国際Aマッチ7試合に出場した。引退後は大分トリニータ、清水エスパルスで監督を歴任している。