台湾で只見線PRへ 16日レセプション、金山町観光協会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 JR只見線沿線への外国人観光客の誘客を図るため金山町観光物産協会は16日、台湾・台北市で同線をPRするレセプションを行う。自然豊かな同線沿線に、写真撮影などで訪れる台湾からの観光客が増えていることを踏まえ、さらなる交流促進を目指す。

 レセプションでは、奥会津に伝わる伝統工芸「マタタビ細工」の実演や体験をはじめ、町内の飲食店や宿泊施設で使用できる商品券を配布。内堀雅雄知事のメッセージも紹介する。

 2021年度中を目標とする只見線の全線復旧に合わせ、来場者からメッセージを募る。政府関係者や旅行関係者などを招く。

 レセプション後の17日からは、同線を撮影し、奥会津をPRする写真家星賢孝さんの写真展が開かれる。30日まで。

 同協会の坂内譲会長と押部源二郎町長、星さんが、県庁を訪ね、内堀知事に活動をPRした。