地元産米で「クッキー」 小高産業技術高、福島県内販売を開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
クッキーのPR販売を行う部員たち

 小高産業技術高の商業研究部は9日、地元企業と協力して地元産のコメを使った菓子「こめおとこめこの寄り添いクッキー」の福島県内での販売を始めた。

 JAふくしま未来などの協力を得て、部員5人が開発。南相馬市産などのコメを米粉にし、ほんのり甘い、さくさくとした食感のクッキーに仕上げた。

 同市原町区のイオンスーパーセンター南相馬店で完成披露を行い、部員が新商品を販売した。部長(同校流通ビジネス科1年)は「福島産のコメのおいしさを感じてほしい」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補