コミュニティー再生で助成 アサヒグループHDと県、対象事業募集

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
アサヒビール福島支社の白井源晃支社長が応募を呼び掛け

 アサヒグループホールディングス(HD)と県は震災後の地域コミュニティーの維持・再生と復興まちづくりの推進を目的とした事業を助成する。来年1月17日まで対象事業を募っている。

 今年で5回目を迎える助成で、昨年度は商工団体や民間企業、NPO法人などから25件の申請があり、15件を採択した。

 対象事業と助成額は、買い物送迎バスなど地域住民の買い物支援を通じてコミュニティーの維持、再生を図る事業に上限300万円、避難者との交流イベントなど地域コミュニティーの維持、再生、活性化を目的に行う事業に上限50万円。

 問い合わせは県商業まちづくり課(電話024・521・7299)へ。

 アサヒビール福島支社の白井源晃支社長が11日、福島民友新聞社を訪れ「活動の継続に役立つ支援ができればうれしい」と応募を呼び掛けた。