真っ赤な『宝石』収穫最盛期 大きく、甘く、香りいぃイチゴ!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
真っ赤に色づいたイチゴを収穫する従業員ら=11日午前、伊達市霊山町

 クリスマスを前に、ケーキなどに使うイチゴの収穫作業が本格化している。伊達市霊山町山戸田の農業法人「松葉園」では、従業員らが真っ赤に色づいた実を丁寧に収穫している。

 同園は大粒で甘味と酸味のバランスが取れた「とちおとめ」を栽培。お歳暮の贈答用にも需要が高く、収穫に追われている。代表の大橋松太郎さん(34)は「今年は大きく、甘く、香りよく、と三拍子そろったイチゴになった。食べて笑顔になってほしい」と話す。

 収穫作業は来年5月ごろまで。収穫されたイチゴは直売されるほか、全国に出荷される。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補