ひろみちお兄さん、運動の効果解説 会津若松で子育て講演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
子育てについて語るひろみちお兄さん

 「ひろみちお兄さん」の愛称で親しまれる佐藤弘道さんの子育て講演会「子ども達の笑顔のために」が10日、会津若松市の会津稽古堂で開かれた。参加者が運動の大切さや楽しい子育てを学んだ。

 同市の16の認定こども園でつくる市幼児教育振興協会(上嶋啓子会長)の主催、県幼児教育振興財団の共催。約150人が参加した。

 ひろみちお兄さんは、自宅で簡単にできる体操を紹介し、「何をするにも姿勢は大事。子どもに荷物を持たせるときは片方ではなく、両肩に背負わせる方がいい」とアドバイスした。

 また運動とスポーツとの違いや継続的な運動の効果などを解説し、「現代の子どもたちには体験が足りない。小さな傷の痛みを知らないと大きなけがにつながるし、他人に優しくすることができない」と語った。

 家庭、学校、地域がそれぞれの役割を果たすことの大切さにも触れ、「コミュニケーション、バランス、愛情が大事。子どもが一番喜ぶのは両親の仲が良いこと」と話した。

 終了後、ひろみちお兄さんを囲んでの記念撮影や出版本の購入者を対象にしたサイン会も行われ、大勢が列を作った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補