「捜査嘱託犬」お手柄!行方不明男性発見 会津若松で捜索参加

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
感謝状を手渡した国分署長(右)と石井さん、捜査嘱託犬のサラ・フォン・ワカミ・シンドー号

 行方不明になった男性の発見に活躍したとして、捜査嘱託犬のサラ・フォン・ワカミ・シンドー号(シェパード、雌4歳)と所有する石井幸吉さん(81)=会津若松市=が12日、会津若松署から感謝状を受けた。

 シンドー号と石井さんは11月27日、行方不明になった同市の男性の捜索に参加。午後11時15分ごろ、自宅から約500メートル離れた同市のスーパーマーケットで男性を発見した。

 同署で表彰式が行われ、国分俊宏署長が石井さんに感謝状を手渡した。石井さんは「捜査嘱託犬を指導していて良かった。署員とも連携して捜索できたと思う」と語った。国分署長は「捜査嘱託犬の活躍は署員が一人増えたのと同じ。本当に感謝している」と述べた。

 現在、同署管内で活動する捜査嘱託犬はシンドー号を含めて8頭。