「桜峠のハニーワイン」完成 北塩原・ふるさと納税返礼品に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
桜峠のヤマザクラから採取した蜂蜜を使った「桜峠のハニーワイン」

 福島県北塩原村の桜の名所「桜峠」で採取した蜂蜜を使った蜂蜜酒(ミード酒)の「桜峠のハニーワイン」が完成した。同村は今月下旬から「ふるさと納税」の返礼品に加える。道の駅裏磐梯でも、新たな村の特産品として販売する。

 同村のふるさとづくり寄付金事業の業務を委託された山庄商店(喜多方市)が、NPO法人わ(福島市)などと協力して企画。同村の養蜂業遠藤栄久さんが、桜峠のヤマザクラから取った蜂蜜を使い、峰の雪酒造場(喜多方市)が日本酒酵母を使って蜂蜜酒を1300本造った。香りが良く辛口の酒で、炭酸やワインで割っても楽しめる。問い合わせは山庄商店へ。

 山庄商店の荒川洋二取締役、同NPOの沼田典雄理事長、同酒造場の佐藤利也社長、遠藤さんらが14日、村役場を訪れ小椋敏一村長に蜂蜜酒の完成を報告した。