福島第1原発で作業員が両足骨折 倒れてきた銅製型枠挟まれる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 14日午前7時30分ごろ、大熊町側の東京電力福島第1原発構内で、いわき市、建設作業員、男性(41)が倒れてきた鋼製の型枠に両足を挟まれた。男性は両足を骨折する重傷。双葉署は労災事故とみて調べている。

 同署によると、型枠は縦約2.1メートル、横約5.1メートルで重さは約400キロ。男性は別の作業員男性と2人で水路の壁面に設置されていた型枠の撤去作業を行っていたところ、型枠が倒れたとみられる。別の作業員男性は逃げて無事だった。