逮捕の53歳長女「母と一緒に居たかった」 いわき死体遺棄事件

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき市の民家で高齢女性の遺体が見つかった事件で、いわき東署に死体遺棄の疑いで逮捕された同市、パート従業員、容疑者女(53)は、同署の調べに対し「母と一緒に居たかった」などと供述していることが14日、捜査関係者への取材で分かった。同署は、母=当時(85)=の遺体を遺棄した動機につながるとみて調べている。

 同署は、母親の死亡後、長女の容疑者が年金を受給していた可能性などについても調べを進める方針。同署は同日午前、死体遺棄の疑いで容疑者を送検した。