「只見線」利用促進へ1月からバス運行 若松駅ー三島・道の駅

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 JR只見線の利用促進に向け県は来年1月から、JR会津若松駅と三島町の道の駅尾瀬街道みしま宿などを結ぶバスを運行し、奥会津の美しい冬景色をPRする。県が14日の県議会企画環境常任委員会で示した。

 バスは、国内外の観光客の誘客促進のため初めて運行。車を駅やバス停周辺に駐車して公共交通を利用する「パーク・アンド・ライド」を導入する。期間は来年2月末までを予定している。