魅力的です!只見線 金山観光物産協、交流促進へ台湾でPR

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
シンポジウムで只見線の魅力を紹介する関係者

 金山町観光物産協会は16日、台湾・台北市でJR只見線をPRするレセプションを開催した。台湾政府や旅行関係者らを招き、雪景色や温泉など沿線の魅力を発信した。

 只見線沿線の風景を撮影に訪れる台湾からの観光客が増えていることから、一層の交流促進につなげようと、昨年から同町の関係者が現地でのPR活動を行っている。

 同町からは坂内譲同協会長や、写真家の星賢孝さんら、台湾からは張淑玲台湾日本関係協会秘書長らが出席した。レセプションでは、復興支援への感謝などを伝える内堀雅雄知事からのメッセージや、只見線の現状などが紹介された。

 シンポジウムも開かれ、星さんらが台湾と只見線への思いなどを語った。同市では30日まで、星さんや、色鉛筆画家大竹恵子さんらの作品展も開かれている。